×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 2007/08/04 浜名湖 引佐・内浦

 

浜名湖SAで目覚めると日も差しよい風が吹いていたので念願の浜名湖デビューを果たしました。まゆみさん情報ではビーチスマリーナでビジター千円で出せるとのことだったので、三ケ日ICを降り湖岸沿いに進みます。

マリーナの手前佐久米浜というところでよい出艇地を見つけたのでここから出すことにしました。大きな松の木が気持ちの良い木陰を作っています。

  出艇地から南を臨む

何もない浜です。もうちょっと先の都築の浜は駐車料金300円で停められてトイレもあります。

風速計を見ると5mの良い風。
  はじめに下ってしまうのは大変かなと思いながら、 今回は奥浜名湖探検ということにしてまずは追い風で東名橋をくぐります。

この橋を通るときいつも浜名湖を眺めては帆走することを思っていたので感慨深い。
  こういうリゾートホテルに泊まってみたいものです。
  気賀のすごく狭い浜に着艇。この辺が浜名湖の最奥部です。左手の林地はどなたかの邸宅の敷地のようです。よく手入れされていて公園みたい。
  のんびりしているうちに風が落ちてきてしまいました。ちょっとまずい。パドリングで進むが、引佐北岸は退屈な風景。ちょっと風が吹いてもちょうど満ち潮でなかなか南進できない。

出艇地で会った老人に奥浜名湖の潮位差は50cmくらいと聞いていましたが、そのくらいでもかなりの潮の流れがありますね。
  ようやく潮目が変わって風もかなり吹いてきました。先ほどのリゾートホテル隣の寸座マリーナで休憩。シーホッパーのスクールをやっていました。並べてみるとやはりアクアミューズは小さいですね。
  寸座から東に横断して内浦に到着。浜名湖パルパルのプールからは絶えず歓声が聞こえます。かんざんじ温泉につかっていこうかと思いましたが、あとでまた潮を浴びるのが必至なのでやめておきました。
  しまいには10m近くまで吹き上がってきました。アビームで潮を浴びまくって快走。ノーマルに戻したラダーは何度かうねりを受けて上がってしまいました。やはり固定手段が必要かなー。hideさんの話ではきんきんにテンションコードを張れば上がってしまうことはないということですが。


出艇地に戻るとウインドの人やら貝採りの人やらで結構にぎわっていました。これで奥浜名湖探検はおしまい。今度は南を目指そう。

 

home